いぷしろんの空

skyipsilon.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 12日

とっても穏やかな時間を過ごしてきました。

置戸は稲光と雷と竜巻情報と大雨と日照りと蒸し暑さのめまぐるしい二日間でした。
佐藤佳成さんと大崎麻生さんが留辺蘂まで迎えに来てくれて、そこから置戸の工房回りはスタートしました。
その後、西村延恵さんの工房にお邪魔し、見事に育った野菜を使った手料理を鱈腹ご馳走になりました。
西村さんはパンも焼いていて、それも美味しくて、本当に感心しました。
好きな仕事して、自分の畑で野菜を育て、理想的な暮らしを満喫しているように思えました。
白樺のカゴを作っている谷幸子さんがその夜、宿泊施設である
置戸の若者交流センターまで送ってくれてそこで一泊。
翌日は青木晴一さんが迎えに来てくれて2日目がスタート。
清田雅夫さんの工房ではいつも通りワンちゃんが激しく吠えてお迎えしてくれました。
ちょっと気が弱いワンちゃんらしく、吠えまくり逃げていくのが何とも。。
青木さんの工房にお邪魔し、最後に老泉まゆみさんの工房へ。
老泉さんもお料理が上手で、昨日はランチをご馳走になりました。
土鍋で炊いたご飯はとっても美味くて、ヘルシーなおかずはどれも美味しく、遠慮なく頂きました。
ご飯は美味しくておかわりまでしてしまいました。。
食べに行ったわけではありませんが、行く先行く先で美味しいお茶やお菓子、地元で採れた果物、野菜などをいただき、置戸の豊かさに触れました。
帰りは留辺蘂まで青木さんに送っていただき、無事到着。と思ったのですが、その後、大雨の影響で特急列車が手前の駅で停まったまま2時間以上も留辺蘂に足止めされ、札幌には7時までには着く予定が9時半過ぎに着きました。。。
雨が上がった留辺蘂駅。
待てど、暮らせど来ない特急列車。
e0179266_23244763.jpg

e0179266_23255282.jpg

思い返しても本当に穏やかな時間だったと、作り手の皆さんの決して物質には頼らない暮らしの豊かさを実感しました。
[PR]

by ipsilon-f | 2015-08-12 23:30 | 食べたり飲んだり | Comments(0)


<< 「美味しさをひきたてる器と食卓...      明日から置戸に行ってきます。 >>