いぷしろんの空

skyipsilon.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 28日

今日から丸井今井一条館7階のリビングフロアで展示しています。

丸井今井札幌本店一条館7階の中央のストリートに今回初参加となるオケクラフトの佐々木寛之さんの白樺の詩をご紹介しています。
規模がとても小さくなった「きたスタイル北海道」の催事の参加です。
e0179266_22122070.jpg

以前は置戸に在住していた福永さんが作っていたものをご紹介していましたが、
現在は佐々木寛之さんがその技術を継承されています。
久しぶりに「きたスタイル北海道」でご紹介することができました。
白樺の木をくりぬいて作り上げた容器の数々。
e0179266_22130623.jpg

人気の高かったこの白樺の器は小さなものは花器にも。
大きなものはワインクーラーにすると素敵です。

北欧の匂いがする、と言われることが多いのですが、置戸からです。
e0179266_22135084.jpg
ちょっとワイルドな肌合いも魅力です。
e0179266_22120885.jpg
そして手間のかかる仕事から出来上がってくる器はいつも人気が高いのですが、
残念ながら納品点数が少ない青木清一さん。
今回は長皿やたっぷりボウルが各2点づつ。。
早い者勝ちです。
e0179266_22123432.jpg
e0179266_22125613.jpg
清田雅夫さんも然り。
白樺のボウルはいくら丼が似合う!と勝手に決めています。
e0179266_22124518.jpg
佐々木さんの白樺の詩は大きいサイズは数が少ないのですが、ちょっと小さめなタイプはいろいろとあります。
今日から始まりましたので是非、お立ち寄りください。





[PR]

by ipsilon-f | 2017-06-28 22:34 | きたスタイル北海道 | Comments(0)


<< 苫小牧のMIプラザへ、今月も様...      昨日で苫小牧MIプラザの父の日... >>