いぷしろんの空

skyipsilon.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:いぷしろんの企画( 78 )


2012年 05月 06日

新潟から帰ってきました。

新潟はなんと28度、26度と連日とても暑く、一足先に初夏を味わってきました。
5月2日に荷物を全て送り、あまりに天気が良かったので伊勢丹を出た後、金沢に向かう電車の時間まで少し時間があったので信濃川の川沿いを散歩。
そして意外なものに出逢いました。
その瞬間に疲れた身体が急にリフレッシュ!
とっても楽しい、ワクワクするオブジェ。
もう、すっかり虜になってしまいました。
作家は台湾の現代美術の作家との事。
青竹を使ったオブジェは何とも魅力的でした。
e0179266_2349449.jpg

近づいてみると竹を編んだ大きな器。
e0179266_2344055.jpg

その中に入ると中はこんな感じでした。
e0179266_23461148.jpg

うわあー!と声が思わず出てしまったくらい、中はとっても快適空間。
もう、楽しくてくるくる歩き回っていました。
e0179266_23511299.jpg

上を見上げると天井に穴が開いていてそこから空が見える。
もう、何とも爽やかな気持ちの良い作品でした。
新潟に行く方がいらっしゃるなら、ぜひともこの作品を体験してください。
本当に楽しい、わくわくする空間でした。

その後、JRで金沢へ向かいました。
21世紀美術館で以前に見た作家の作品をもう一度見たいと思っていたのですが、残念ながら今回は展示されていませんでした。
しかし、企画展はとても楽しかった!
「工芸未来展」凄い迫力でした。
5日、富山空港からの帰路、高岡に少し立ち寄りました。
そこで体験したのは、お寺です。
瑞龍寺は国宝になっているお寺との事。
e0179266_23574182.jpg

美しい!
e0179266_23581011.jpg

荘厳。
e0179266_23584051.jpg



e0179266_2359078.jpg

e0179266_23594322.jpg

禅宗のお寺だからかなのか、何ともシンプル。
座禅をするお堂も本当に質素なしつらえでした。
e0179266_015593.jpg

お茶を戴き、つかの間でしたが静かな時間を過ごしました。
[PR]

by ipsilon-f | 2012-05-06 23:19 | いぷしろんの企画 | Comments(0)
2012年 04月 26日

新潟伊勢丹の3階はこんな感じで展開しています。

e0179266_2139439.jpg

織田幸子さんの皮籐のバッグ類とアクセサリーです。
去年、丸井今井でのきたスタイル北海道では人気でした。
新潟ではどうなのでしょう?
3階のフロアーはちょっと静かな感じですが、見つけてもらえるでしょうか?
e0179266_21393991.jpg

寺山由紀子さんの手作り服は麻を中心にいつも通りの着やすいお洒落なアイテムが揃っています。
e0179266_2151694.jpg

ちょっと場所が狭いのでのびのびとした感じでの展示にはなっていないのが残念です。
e0179266_2152510.jpg

e0179266_2153240.jpg

いつもの場所とは違うので新鮮さがありますが、慣れていないのでちょっと控えめかも?

e0179266_2155322.jpg

寺山由紀子さんは新潟に滞在して毎日、店頭にいます。

e0179266_21553485.jpg

私は30日にまた新潟入りして最終日の5月1日を終えたら、その足で金沢まで行き、5月10日から始まる企画展「”きらり“”涼やか”初夏の器」に参加して頂く西山芳浩さんにお会いしてきます。
[PR]

by ipsilon-f | 2012-04-26 22:08 | いぷしろんの企画 | Comments(0)
2012年 04月 25日

新潟伊勢丹で始まりました!

伊勢丹の一階のコーナーです。
e0179266_22231373.jpg

入り口入ってすぐの場所です。
e0179266_22235460.jpg

正面は櫻井芳枝さんのキャンドルと高野ひろみさんの銅製のキャンドルグッズ、そして飯原ミチルさんの人形たち。
e0179266_22254762.jpg

昨日飾り付けをしているそばから何個か売れたりして、慣れない場所で初めての人達に囲まれての接客は落ち着かず、気が張りましたが、嬉しかったですよ。
e0179266_2232571.jpg

高野ひろみさんの銅製の窓飾りはやはり人気がありました。
年配の方が頬を緩ませて眺めていました。
e0179266_22332678.jpg

飯原ミチルさんの人形達、「可愛い!」老若男女に人気でした。
e0179266_22355280.jpg

e0179266_22361773.jpg

e0179266_2238256.jpg

石川久美子さんのカラフルボタンと動物たち。
e0179266_22392610.jpg

e0179266_2240745.jpg

脇坂淳さんの木の動物たちもいます。
e0179266_2242196.jpg

実は今回Mihokoさんがウサギと羊のミニ額と手乗りウサギもほんの少しだけ飾っています。
北海道のクラフト作家が新潟の人達にどう受け入れられるのか、それとも受け入れられないのか。
いつもなら、大丈夫!皆に気に入ってもらえるはず、なんて勝手に思ってしまうのですが、珍しく売り上げが気になる、そんな一週間になりそうです。
[PR]

by ipsilon-f | 2012-04-25 22:49 | いぷしろんの企画 | Comments(0)
2012年 04月 18日

新潟伊勢丹に行ってきます。

4月25日から新潟伊勢丹で北海道展が開催されるのですが、今回初めてお声がかかり、丸井今井でご紹介している北海道のクラフト作家を数名紹介する事になりました。
会期が近づいて来たので慌ただしく準備しています。
新潟にお知り合いのいらっしゃる方はぜひ、ご紹介くださいね。
場所は伊勢丹の一階と三階のフロアーになります。
24日には現地入りしてセッティング。初日を見届けて札幌に戻る予定です。
何と言っても29日まではアゲルで「春はハミング」を開催していますので戻って来ています。
e0179266_23263812.jpg

新潟伊勢丹、一階の予定されているスペースです。
e0179266_23272364.jpg

さて、どんな感じでディスプレイしようかしら、と思案中です。
同じく3階のスペースです。
e0179266_23285530.jpg

e0179266_23291323.jpg

こちらもどうしょうかしら?
いろいろと考えて組み立てています。

北海道のクラフト作家を道外で紹介するというのはいつかやってみたいと思っていた仕事ですので、実現する事ができて心が躍ります。
[PR]

by ipsilon-f | 2012-04-18 23:32 | いぷしろんの企画 | Comments(0)
2012年 04月 12日

江差の魅力。

実は、今回の旅は仕事がらみでした。
6月に開催される丸井今井の全階催事、「きたスタイル北海道」の企画を形にするべく江差に行きました。
江差は職人の街、手作りの街でした。

和菓子は美味しいし、お蕎麦も美味しい。
街の通りにはゴミ一つ落ちていなくて綺麗でした。
e0179266_2382934.jpg

佇まいも落ちついた建物が多く、国の文化財に指定されている建物などは良い状態でした。
田舎と言えども洗練されているように感じました。

e0179266_2385673.jpg

e0179266_23103254.jpg

e0179266_23152581.jpg

江差の2日目は雨でしたのでカメラを持たずに散策しました。
最後に行った江差追分の会館では追分名人の歌う曲を生で聞くことが出来ました。
渋みがあって味のある声の名人は、私一人のために歌ってくれました。
江差の話もお聞きできて、面白い体験となりました。
いにしえ街道にあるお店はそれぞれの歴史を語ってくれるのでそれはそれは面白かったです。
時計屋さんでは、スロウという雑誌の表紙にもなったお店でしたが、店主が愛おしく古い掛け時計の話をしてくれましたし、お酒屋さんでは北前船の頃からの縁で滋賀県のお酒を扱っていましたので、これは、手に入れなきゃと買ってきました。
どこを歩いていても街のエピソードに出会えるので、旅の楽しみが沢山出来ました。
私が食べたお蕎麦やさんは少し前にミシュランの調査員が食べに来たとのことでした。
残念ながら今回は選ばれなかったようですが、とても美味しいお蕎麦でしたよ。
[PR]

by ipsilon-f | 2012-04-12 23:34 | いぷしろんの企画 | Comments(1)
2012年 04月 11日

今週は江差ですよ!

e0179266_2237447.jpg

朝7時の特急に飛び乗り江差に向かいました。
八雲駅で降りて、そこからはバスに乗り雲石峠を越え目指す江差まで。
江差町役場前で降りたのがお昼少し前。
車中から眺める初めての景色に見とれていました。
対向車はほとんど無く、快適なドライブでした。
バスの同乗者も後で知ったのですが、江差追分のチャンピオンの方と4名の女性のみでのんびりとしたものでした。
初日はとても天気が良くて江差は温かでした。
e0179266_2244284.jpg

宿に荷物を置き、カメラを持ってぶらぶらと散策してみました。
e0179266_22454394.jpg

初めての街はいつでもとにかく歩いてみる。
歩いていると面白いことに出会え、しっくりと街に馴染んできます。

江差はバスから降りた一歩目からまるで自分が住んでいる街であるかのような馴染みを感じました。
それは今回出会えた人との繋がりが大きかったのかも知れません。
でもその話は次回に!


街は爽やかな風が吹いていました。
古い町独特の匂いとか色がなく、築100年以上という建物、蔵などに入っても暗さが無かったのがとても印象的でした。
綺麗な街…。最初に散策した、いにしえ街道は変な看板やコンビニなどが見あたらなく綺麗な通りでした。
整備しすぎた町並みの土地に時々行くことがありますが、江差のいにしえ街道は無理がない通りに見えました。

e0179266_2324835.jpg

e0179266_22512024.jpg


e0179266_2353151.jpg

このパン屋さん、隣の蔵をギャラリーにしていました。
この日は写真展をやっていました。

e0179266_238569.jpg


向かいの蔵は今は使われていない様子。
e0179266_2384896.jpg

こんな素敵な蔵を見つけると、むずむずと何か企画展などをやりたくなりますね。
さて、江差に滞在した2日間はもう盛りだくさんの内容です。
これから形にしていきますのでお楽しみにしていてくださいね。

たった2日間の滞在で江差の魅力にはまりました…。
[PR]

by ipsilon-f | 2012-04-11 23:15 | いぷしろんの企画 | Comments(0)
2012年 04月 01日

新潟ですよ。

e0179266_19425121.jpg

ここは新潟です。
e0179266_19432626.jpg

この風景も新潟です。
ちょっとパリの雰囲気?
実際、パリには行ったこともないけれど、でもこの風景は新潟のイメージには無かったのですが、素敵ですね。

新潟へ来たのは初めて。
仕事でなければ新潟に行くなんて事は考えなかったかもしれません。

新潟入りするまで、これと言った予備知識も持たず、お酒とお米が旨いはず!
そんなレベルでしたから、着いてからが楽しかったです。
歩いていると面白い事に出会えます。
街中を信濃川が流れていて、橋も多くて水上バスというか、遊覧船が走っています。

e0179266_1956247.jpg

e0179266_19564532.jpg

朱鷺メッセという場所が新潟の街を歩くと直ぐに眼に飛び込みます。
国際会議などができるというかなり立派は建物とホテルや大手企業が入っている超高層ビルなどが集まった、いわゆる札幌にもあるコンベンションセンターだったかしら…のような所。
コンベンションセンターという場所にも中々一般庶民が行くような場所ではないので、この朱鷺メッセも同じなのでしょう。
何もイベントが開催されていないビル内はこんな感じです。
どれだけの稼働率なのかは判りませんが、人っ子一人いない広い場所に立ち、ちょっと考えてしまいますね。
その朱鷺メッセから水上バスが発着します。
早速乗ってみました。
e0179266_2064610.jpg

e0179266_207710.jpg

e0179266_2072835.jpg

かなり人慣れしているカモメ達が群がり、そこに子供達がえさ、ではなく自分たちが食べているお菓子を投げるので群れはずっと舟を追ってきます。
ホバリングして投げられるえさを貰おうとするカモメ。
観光地でよく見かける光景です。
親達ももちろん、船のスタッフ達も誰も注意することなく子供達がはしゃいでいました。
途中で船を降り、古町という昔、賑やかだったという場所に行ってみました。
アーケードがあり、雰囲気はどことなく狸小路を歩いているような感覚に襲われる、
うん?でも横の小路で凄い物を見てしまいました。
e0179266_20214377.jpg

e0179266_2022719.jpg

お寺なのですが、本当に狭い小路にしかもこんな大きな弘法大師の像。
道が狭くて見上げきらないのですよ…。
e0179266_20183159.jpg

e0179266_20254125.jpg

初めての土地でしたが、次回には目をつむっても歩けそうな感じがします。
美味しい和菓子屋さんが沢山あることも知りました。

そう、今回は仕事でした。
今回初めて新潟伊勢丹で開催される「北海道展」で北海道のクラフトを紹介することになりました。
1階の婦人雑貨のフロアーと3階の婦人服のフロアーにクラフトコーナーが出来ます。
今回はその現場下見と顔合わせ、打ち合わせで新潟に行きました。
私にとっては初めての道外のデパートでの仕事です。
これから最終の準備。
開催は4月25日〜5月1日まです。
北海道のクラフトを新潟ではどんな反応で迎えてくれるのか、今からとても楽しみです。
[PR]

by ipsilon-f | 2012-04-01 20:34 | いぷしろんの企画 | Comments(0)
2012年 03月 31日

東京、新潟に行ってきました。

今回は盛りだくさんの仕事でした。
そんな中、大井町のホテルに着いて、いつかは行ってみたいと思っていた品川宿へちょっとだけ足を運んでみました。
本当に時間がなく、ほんの1時間ほどしか無かったのですが、とっても面白かった!
帰る間近になってあっ、今日はカメラを持っていたんだと遅まきながら気がつきまして、ちょっと撮ってみましたが、あの品川宿の面白さ、ワクワク感は行ってみないと判りませんですね…。
e0179266_2119294.jpg

とっても細い小路を通ったらこんな神社に行き当たりました。


e0179266_2120425.jpg

この小路にも魅力があって、入っていきたかったのですが。
e0179266_21213376.jpg

この看板にちょっと反応してしまいました。
牛・豚・臓器 卸小売って凄い迫力です。
e0179266_2122242.jpg



小路の先にお寺や神社が結構あって、ここもその一つ。
入り口の松、とっても良い枝振りです。


e0179266_2123199.jpg

古い店が思い思いの形で商売をしていて、こんな風景は札幌では決して見られない。
さすが、江戸。
品川宿は東海道53次の一つで、とても賑わっていた宿だったとのその名残があちこちに今でもあるのです。
今度は一時間ではなく、一日中目一杯、遊びたいと思いました。


そして、遊びはこれだけで、これからは先は仕事です。
明日その仕事先、新潟をご紹介しますね。
[PR]

by ipsilon-f | 2012-03-31 21:35 | いぷしろんの企画 | Comments(0)